Featured Posts

  • Prev
  • Next

CT

Posted on : 30-03-2012 | By : bzjpee | In : いろいろ

0

父が肺の病気を患っているため、定期的に病院でCTをとります。
3ヶ月に一度のペースでCT検査。そして病気の進行具合をチェックします。
一度壊れてしまった肺の組織は改善する事がないので、あとは進行するのをどれだけ止められるかにかかっています。毎回、進行していない事を願いながら診察室へ向かうのです。

そんな父の闘病生活ですが、それを心配する友人から聞いた話があります。
CTの被爆量は恐ろしいものなので、あまりCTは受けない方が良いと言うものです。
福島原子力発電所が爆発して放射能が漏れた事故がありましたよね。
今も半径数キロ以内は立ち入り禁止になっています。
CTは何度か受けると、この福島原発のすぐ側にいるのと同じ位の被爆量になると言うのです。だから、あまり受けすぎると逆にガンになると言うのです。
本当でしょうか?

しかし、父はそんなに危険なものを医者が進める訳が無いと言います。
特に父が通う呼吸器科の先生は「病院の先生が通う、頼れる先生」として有名な先生です。それは昔の話だと。今のCTはそこら辺もしっかり改善された上での新しい機械だから、心配ないと言うのです。
何が本当で何が嘘なのか、頭が混乱します。

しかし、もしCTが安全なら福島原発の放射線量も一瞬浴びてしまったくらいなら安全と言う事でしょうか?放射能と敏感になってしまっていますが、CTに3ヶ月に一回入っていても元気な事を考えたら、放射能にそんなに敏感になる必要も無いのでしょうか?

広島の原爆の際、原心地の方々はひどい被爆で苦しんだそうですが、そこから数十キロ離れた被爆者達はとても長生きしていると、広島出身の友人に聞いた事があります。
ある程度の量を超えなければ影響はなかったり、逆に電気のようにちょうどいい量を浴びたら体にいい効果が出たりもするのでは?と思わされるような気になりました。

どちらにしても、目に見えない世界ですから、何とも言えませんね。
気をつけるに越した事は無い。健康一番ですね。

長距離ラン

Posted on : 29-03-2012 | By : bzjpee | In : いろいろ

0

中学生時代、良く野外走を行っていました。
陸上部の先生が野外走が好きで、山越えのコースと言うのがあって、一つの山を越えて10キロのコースのタイムトライアルをすると言うもので、学校がない休みの日は陸上部のみんなで山に集まって、山越えを競っていました。

山のコースには途中ダムがあり、静かで美しい湖が広がっており、そこを通過すると今度は綺麗な川がながれていて色んな動物に出会えます。また山のロードコースの坂道の終わり(頂上)には短いトンネルがあり、真っ暗でちょっと怖い雰囲気のトンネルを抜けると今度は下り坂のコースとなります。
景色がどんどん変わるので、それも楽しみの一つで、長距離が得意だった私には最高の練習で、この時は「走るのが楽しい」と思える瞬間でした。

しかし目的はタイムトライアルですので、みんなで和気藹々と走ると言うよりは真剣に自分の限界に挑戦すると言う過酷な10キロです。
男女同時にスタートし、結局後半になるとトップ集団に着いていけている女の子は私だけです。そんな私の努力を認めてくれるかのように、男の子集団の中のエースに当たる人たちは「頑張れ!限界まで着いて来い!」と励ましてくれます。
だんだん苦しくなってペースが落ちそうになると、ペースが落ちないように(気持ちが諦めないように)私の背中をグイっと押してくれて「まだまだ!」と励ましてくれるのです。
私はその励ましで「次の電信柱まで頑張ろう」って気持ちで頑張るのです。次の電信柱が来たら、もう一つ先の電信柱まで頑張ろうと思う。その繰り返しで、どこまで自分が頑張れるか…そこに挑戦する。そしてそのままゴールまで辿り着けた時の達成感がすごく充実したものだったから「頑張ってよかった」って思えるんですよね。

そんな暖かい仲間に支えられていたからこそ「いい所を見せたい」と言う気持ちも働き、どんどん頑張れました。たまに、好きな人が背中を押してくれたり、励ましてくれたり、「着いて来い!」とリードしてくれる練習がとても楽しかったのを覚えています。

今ではそんな甘酸っぱい青春はありませんが、あの山越えコースを通るたびに青春の一ページを思い出します。

考えたらいい青春時代を過ごしてきたと思います。
失敗も沢山ありますが、全てが自分の糧となっていると思えます。
また春になったらあの山越えコースにピクニックへ行こうかな。

時は金なり

Posted on : 28-03-2012 | By : bzjpee | In : いろいろ

0

最近時間に追われる毎日が続いています。
朝起きてからあっという間に夜がやってきます。
充実している証拠でもありますが、あまりに追われている気がして休める暇もありません。
「時は金なり」とは良く言ってあるものです。

20歳をすぎてから30歳までの十年間。
思えばずっとバタバタ忙しく時間に追われていたような気がします。
成人して大人への仲間入りをして、バリバリ働いて。
でも働いても働いてもお金は出て行く一方。
気が付けば10年経っていて、今貯金通帳を覗いてみてもそんなに貯金もありません。
「金は天下のまわりもの」入ってくれば出て行くのが自然な流れですよね。
その分お金では買えないものを沢山学ぶ事が出来たと思うからプラスマイナスゼロです。

時は金なり。時間はお金だと言う考え方もありますが、私は「時間はお金と同じくらいに価値があって大切なものだから、お金よりも時間を大切にしなさい」って言われているような気がするんです。
この世に生まれてから死ぬまで、みんな目に見えないけど命の期限があって、今この一瞬だってその時間と言うものはどんどん減っていってる。
自分の人生を大切にするという事は、この世に生きる事が出来る自分の時間を大切にする事だと思います。
私もこの10年間時間を無駄にしてきたとは思いません。
正直お金はないけど、お金に変えられない人生のお勉強を、人生の豊かさを、人生の歩み方を教わったと思うし、ボーっとしている時間は1秒だってなかった。
つねに「向上心」を持って突き進んで来たから。
唯一眠っている間だけが「お休み」の時間だった。
起きている間は時間をフルに使って、色んな事に挑戦してきました。
そしてこれからも、時間を大切にして歩んでいく事と思います。

外国のユーモアに関心!

Posted on : 27-03-2012 | By : bzjpee | In : いろいろ

0

テレビ番組などでも良く放送される『外国の奇想天外な行動』のような物がありますが、先程ネットニュースを見ていると面白い物を発見しました。

ニューヨークで起きたちょっとした事件なのですが。
私達が普段使っている地下鉄の電車の中にベットを持ちこんでみたそうです。

もちろん地下鉄公認では無く、無断でいたずら集団の方が行ったようですが。
その時同じ電車に乗り込んでいた乗客の方々の中には、興味を示す方が大勢いたそうです。

次第にその持ち込んだベットに寝転がる乗客も居たらしいですが。
日本だと通報されてもおかしく無い事ですよね。

外国の方のそういったユニークな番組を見ていると、いたずら自体だけでは無く周りの反応にも驚かされる事があります。

「普通これは怒るだろう」と思うような事でも笑って終わる事もありますしね。

結局今回の地下鉄ベット持込事件は何事も無く終わったらしいですが。
後からそれを動画として配信したところ、警察に見つかり罰金の対象となったそうです。

日本でもしこんな事をしたら大変な事になりそうですね。

ですが、そんな発想が出来る外国の方のユーモアセンスには関心してしまいます。

私はあまり発想力が無い方なので、友人の誕生日などにサプライズを考える事が出来ません。

その反面サプライズを考える事に関しては、外国の方は得意なのでは?と最近思うようになりました。

地下鉄にベットを持ち込もうと思った理由が紹介されていたのですが。
その理由とはただ単に「電車の揺れが気持ち良いから」という理由だけだそうです。

そんな些細な理由から地下鉄にわざわざベットを持ち込む行動力…。
真似は出来ませんが、凄い行動力だと思います。

私の彼氏もアメリカ人なのですが、とてもいたずらっ子です。
先日は、友達の車のスイフト
こっそり隠れていて、ドアを開けた時に驚かしました。
心の広い友達で良かったですが・・・

父の誕生日

Posted on : 26-03-2012 | By : bzjpee | In : いろいろ

0

父の誕生日は2月3日の節分の日でした。
おめでとうの連絡をして、家に帰ったときに一緒に食事に行きました。
でも、まだ誕生日プレゼントを渡していなかったのです。
プレゼントは、姉と私が共同で購入することになっていました。
父に何が欲しいか聞いたところ、髭剃りが欲しいという要望までは聞いていたのです。
でも、姉との話しがなかなか進まず、どんな髭剃りがいいのかなというところで止まっていました。

そして、いくら何でもそろそろ買おうということになり、お互いにネットなどを見て何がいいか調べることにしました。
やっぱり電気シェーバーがいいのかな‥と私は電気シェーバーを見ていました。
値段はぴんからきりまでという感じなのですが、やはり10000円前後のものが機能が充実していていいのかなと思いました。
姉も同じようなものを見ていたようで、10000円前後のものを電気屋さんに買いに行こうということで話しは決まりました。
でも、その話しを彼にすると、電気シェーバーは、替刃がとても高いので、普通のシェーバーのほうがいいかもしれないと言うのです。
確かに、替刃の値段を調べてみると、結構いいお値段でした。
そこで、再び姉と相談し、どちらがいいか父に聞いてみることにしました。

父に聞くと、普通のシェーバーで良いとのことでした。
普通のシェーバーは、ディスカウントストアに売っているということを彼から教えてもらい、彼のおすすめのシェーバーの名前を聞いてディスカウントストアへ向かいました。
シェーバーのお値段は、1300円ほどでした。

父は、そのシェーバーを気に入ってくれ、きれいに剃れると喜んでいました。
髭剃りと言われて、姉も私もよく分からず、周り道はしましたが、父に喜んでもらえて良かったです。