Featured Posts

  • Prev
  • Next

独身時代と変わらない結婚生活

Posted on : 13-12-2012 | By : bzjpee | In : いろいろ

0

gooランキングに「既婚者が『独身に戻りたい…』と思ってしまう瞬間ランキング」という記事がありました。
結婚すると色々我慢しなければならないことが出てきます。
赤の他人と生活するのが結婚なのだから、結婚前に覚悟は出来ているはずなのです。
でも、我慢させられているという気持ちになると「独身の頃は良かったな」と過去を美化させてしまうものです。
果たして本当に独身の頃は良かったのでしょうか?
独身の頃には独身の頃の不満があったはずなのに、私自身は疑問に思ってしまいます。

1位:友達との飲み会に参加するにも相手を気遣う必要がある
相手とのコミュニケーション次第だと思いますけどね。
黙って行くことは出来ないと思いますが、「行ってはいけない」というような雰囲気を作らないように結婚生活をしていれば問題ないような気がします。
しかし、ある程度の年齢まで行くと、友達と飲み会をするような機会は減るのではないでしょうか?
少なくとも、私世代(30代後半)でそういう会を行う人はまずいません。
子育て世代だからでしょうね。

2位:勝手に遊びの予定が立てられない
相手あっての結婚生活だから、一応確認は取ります。
でも、我が家の場合は事後報告です。
予定を立ててから「いつどこに行く」と言ってしまいます。
お互いにそうだから上手くいっているのかもしれません(笑)。

3位:一人になれない
一般家庭はそうでしょうね。
我が家はむしろ一人時間の方が多いです。
おひとり様が好きな夫婦だから、出会うべくして出会ったのかもしれません。
顔を合わせる時間が少ないので、いつでも新鮮です。

4位:家事ばかりをしている
女性の方が家事の労働時間が長いのでしょうね。
我が家も圧倒的に私の方が長いですが、あまり苦ではありません。
義務的に考えていないからでしょうか?

5位:勝手に欲しいものが買えない
家計とお小遣いは別なので、この辺りは自由にやっています。
独身時代の頃の方が勝手に買えなかったような気がします。

6位:友達と旅行に行けない
確かに、20代の頃はよく友達と旅行に行っていました。
でも、それは独身者が多かったからです。
35歳という年齢で独身であったとしても、周りは結婚して子育てもしているので全く同じ現象が起こるでしょう。
あまり既婚未婚は関係ないと思います。

7位:喧嘩しても行く場所がない
そうですかね?
考え方次第だと思いますが。

8位:自由に使えるお金が少ない
男性はお小遣い制の方が多いから、窮屈に感じるかもしれませんね。
現金商売の旦那はお小遣い制ではありません。
金銭感覚は私よりしっかりしているので、お小遣い制にしなくても家計には響きません。

9位:親戚との付き合いがある
私は独身時代から親戚付き合いの窮屈さに慣れているので、それほど苦ではありません。
この点は親に感謝しています。

10位:友達が自由にお金を使っているのを知った時
私の中では、お金を使う=心が満たされていないということだと思っています。
あまり羨ましいとは思いません。

私の考え方は独身者に近いのかもしれません。
独身時代が長かったからでしょうか?
旦那みたいな人に出会えて良かったと思っています。

5位:勝手に欲しいものが買えないのは辛いですよね。
私は今車を欲しい物がレクサスなんですが、なかなか言い出しにくいんです。
空いた時間にレクサスisの評価を見るたびによだれを垂らしています。